クシノテラス

about

クシノテラスについて

 「クシノテラス」は日本唯一のアウトサイダー・キュレーターである櫛野展正が広島県福山市につくったアートスペース。

 現在は展覧会や作品販売を行うギャラリーとトークイベントを行うオフィスの2つの機能があります。

クシノテラス ギャラリー

未だ世の中から正当な評価を受けていない表現を紹介していきます。気に入った作品は購入することもできます。

クシノテラス オフィス

定期的に有識者を招きトークイベントを開催していきます。

 16年間、「鞆の津ミュージアム」の母体である知的障害者福祉施設で生活支援員として働いてきました。就職してすぐ福祉施設で暮らす障害のある人に対して、それまでの作業活動を中止し絵画活動のサポートを始めました。障害のある人がつくった作品は国内外の美術展で紹介されるなど、次々と活躍の場は広がっていきましたが、中には高齢の方も多く親亡き後のことを思うと、芸術活動を通した経済的自立が急務であると考えました。

 近年、国の施策や法整備などが進むなか、「障害者のアート」はますます盛んになっています。しかし、世の中には人知れず表現活動を続ける人たちが、まだまだたくさんいます。彼らの多くは「障害がない」がゆえに、既存の福祉制度では取り上げられることもありません。作品は未だに世の中から無視され価値がないものとみなされています。

 キュレーターの語源であるラテン語のcurare(クラーレ)とは、"take care of"、つまり「世話する人」という意味です。福祉現場で働いてきた僕だからこそ、出逢える福祉と芸術の狭間にある表現を紹介していきます。常識や良識でがんじがらめの世界に浸かっている皆さんの日常を覆してしまうような表現を目にしたとき、これまで自明と思っていた慣習は音を立てて崩れ落ちていくことでしょう。ワイルドサイドを突き進みますので、伴走よろしくお願いします!!!

 

2016年1月吉日

櫛野展正