クシノテラス

profile

date: 2020.2.11

なかやま としひこ

中山 俊彦

1939年生まれ、松山市在住

34年間、松山市内でトラックの運転手として勤務。

63歳のとき、畑仕事をしている際に脳梗塞で倒れ、右半身麻痺となる。

以後、家で療養をしながらリハビリを続ける。

6年ほど前より、妻に教えてもらいながら、折り紙のブロック折りによる作品づくりを開始。

これまで20体以上を制作し、「郵便ポスト」や「ボーリング」など面白いモチーフの作品をつくり続けている。