クシノテラス

profile

date: 2020.2.11

ながの よしひさ

長野 良久

1951年生まれ、松山市在住

松山市役所を退職したあと、松山市中村老人福祉センターに勤務。

6年ほど前、来館した小学生に独学で覚えたワイヤーアートを披露したところ、評判となる。

以後、近隣住民にもつくり方を教えるようになる。

100円ショップで購入したワイヤーにマジックで色を塗り、ワイヤーの間に木工用ボンドを塗布。

乾いて透明になったら、そこへ色を塗るという独自の技法で、仕事の合間に制作を続けている。

これまで制作した数は1000を超える。