クシノテラス

予約する

【申し込み・お支払い方法】

リンク先ページより案内通りご予約をお願い致します。

櫛野展正と行く!アウトサイドの現場訪問 《沖縄編》

櫛野展正と一緒に、アーティストの現場を訪問します   

櫛野展正と行く!アウトサイドの現場訪問 《沖縄編》

2018年9月15日(土)〜9月16日(日)

参加費 33,800円

《スケジュール》

▼9月15日(土)

【11:20集合】(11:30出発) 那覇空港

――<高速道>――

【12:30~14:00】                山田水車屋 <昼食>   

昼食は、沖縄そば屋「山田水車屋」

本当に美味しいお蕎麦なので、オススメです

fullsizeoutput_15c3.jpeg

この蕎麦屋は、仲宗根宗順さんによる自作の絶叫マシーンが有名で、

様々なアトラクションを開発しています

R0000067.jpg

頻繁にメディアにも取り上げられている「バンジーブランコ」は、

ぜひチャレンジすべし

――<高速道>――

【15:00~16:00】                饒波 隆さん宅

自宅に石を張り付けた建造物をセルフビルドでつくり続けている

饒波隆(よは・たかし)さんを訪問します

 

R0003769.jpg

饒波さんは、たった1人でこの作業を続けて30年以上

R0003745.jpg

なかなか取材に応じることのない饒波さんのお話が伺えるのは、この機会だけ。

R0003773.jpg

――<移動>――

【16:30~17:30】                ダチョウらんど

日本で初めてダチョウ飼育に成功したテーマパーク「ダチョウらんど」

R0000138.jpg

ダチョウの餌やり体験や「ダチョウロデオ」にも挑戦できます!!!

R0000141.jpg

R0000135.jpg

――<移動>――

【18:00頃】                ホテルルートイン名護(宿泊)

086_gaikan2_s.jpg

シングルルームへの宿泊です

夕食は各自でお楽しみください

 

▼9月16日(日)

【08:30出発】

――<移動>――

【09:00~10:30】                ネオパークオキナワ

IMG_8605.JPG

たくさんの鳥や小動物が放し飼いになっているテーマパークです

R0000131.jpg

入園した途端、ものすごい数の鳥たちが出迎えてくれますよ

 ――<高速道>――

【12:00~14:00】                おきなわワールド <昼食>

昼食は、沖縄屈指の観光スポット「おきなわワールド」

5d0b0d2f41b69da4f32ac74a07fa1182-416x311.jpg

沖縄の郷土料理をはじめ、80種類以上の料理が食べ放題!

 ――<移動>――

【14:30~15:30】                興作のおもちゃ箱

R0003568.jpg

ツアーの最後は、目島興作さんの「興作のおもちゃ箱」へ

R0003612.jpg

30分以上回り続けるコマや、重力に逆らって伸び縮みする棒など

目島さんから発明品の数々を解説していただきます

R0003609.jpg

 ――<高速道>――   

【16:30頃 解散】                    那覇空港

 

 

沖縄県国頭郡恩納村山田1309−1

  • めしま こうさく

    目島 興作

    1944年生まれ。沖縄県在住。

    60歳の退職を期に自宅の作業場を解放し、「興作のおもちゃ箱」をオープン。

    廃材などの身近な材料を使って、自作の玩具を発明している。

    来館者には実演を行い、玩具の仕組みを考えさせる問いかけを行なっている。

  • なかそね そうじゅん

    仲宗根 宗順

    1945年生まれ。沖縄県在住。

    32歳のときに、浦添市で沖縄そば屋「里屋亭」を開業。

    SLの玩具がそばを運んでくる店舗として話題を集めた。

    30年ほど経営した後で、10年ほど前から恩納村に「山田水車屋」をオープン。

    廃品業者から不要な電柱を買い取ったことがきっかけで、自作の「バンジーブランコ」など様々なアトラクションを開発し、話題を集めている。

  • よは たかし

    饒波 隆

    沖縄県在住。

    30年ほど前より、山から拾って来た板状の石灰岩を積み上げ、石と石の隙間をモルタルで接着し、自邸を装飾する作業を続けている。

    その目的は、大好きな植物を自宅の壁一面に植えることであり、岩山のポケット状の部分には多様な植物が植栽されている。

    階段状に積み上げられた岩山は一番高いところでビル3階建ての高さに相当し、休日や出勤前などあらゆる時間を制作に費やしている。