クシノテラス

【申し込み・お支払い方法】

予約不要です。

前売りはございませんので、当日現地に起こし下さい。

ドキュメンタリー映画『地蔵とリビドー』上映会&トークショー

◆上映日時
2019年2月23日(土)16時〜(終17:02) ★上映終了後に舞台挨拶あり

◆会場
福山駅前シネマモード2(広島県福山市伏見町4-33)

◆鑑賞料金
一般 : 1,500円
大・専門学生 : 1,300円
シニア : 1,100円
高校生以下 : 1,000円

◆作品紹介
『地蔵とリビドー』
寝ころびながら割り箸と墨汁だけで大胆な人物画を描く人
目、目、鼻、口...と呪文のように唱えながら土の塊に無数の穴を開ける人
粘土の一粒一粒に恋慕の念をこめて「すきなひと」の姿を形に留める人
独創的なアート作品を生み出し続ける障害者施設として、いま世界的な注目を集めている「やまなみ工房」。
そこに通所するのは知的障害や精神疾患を持つアーティストたちだ。
彼らは実名で登場し、その日常が包み隠さず描かれている。

作品がいつ完成するのか、それは彼ら自身にもわからない。
作品が誰にどう評価されるのか、彼らはまるで関心がない。
ただ衝動のままに創作し続ける彼らの姿がそこにあるだけ。
ひとつ事実として言えるのは、作品が彼らと他社との確かな結節点となっていることだ。
アウトサイダーアートに造詣の深いジャーナリストや美術関係者へのインタビュー、障害を持つアーティスト自らが語る「精神状態と創作の関係性」など、彼らの切実な表現欲求の根源を探るドキュメンタリー。

◆監督
笠谷圭見

◆キャスト
小出由紀子(アートディーラー)、エドワート M・ゴメズ(「RAW VISION」編集局長)、向井秀徳(ミュージシャン)ほか


◆予告編
https://www.youtube.com/watch?v=rt3kUvuAW6o


広島県福山市伏見町4-33

  • かさたに よしあき

    笠谷 圭見

    RISSI INC. クリエイティブディレクター

    障害者施設で生み出される創作物の魅力を社会に発信するプロジェクト「PR-y」を主宰し、国内外のギャラリーや研究機関・教育機関などとの橋渡しを手がける。

    2013年より「DISTORTION」というコンセプトワードを掲げ、写真・映像・ファッション・インスタレーションなど、様々な領域で障害者とのコラボレーションによる表現活動を行っている。

  • やました まさと

    山下 完和

    1967生まれ、三重県伊賀市在住 

    社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房施設長 

                        

    高校卒業後、様々な職種を経た後1989年5月から、障害者無認可作業所「やまなみ共同作業所」に支援員として勤務。

    その後、1990年に「アトリエころぼっくる」を立ち上げ、互いの信頼関係を大切に、一人ひとりの思いやペースに沿って、伸びやかに、個性豊かに自分らしく生きる事を目的に様々な表現活動に取り組む。

    2008年5月からはやまなみ工房の施設長に就任し現在に至る。