クシノテラス

予約する

【申し込み・お支払い方法】

リンク先ページより案内通りご予約をお願い致します。


【特典のご案内】

1 ) 櫛野展正がガイドとして同行

2 ) ツアー特製ステッカーをプレゼント

3 ) ツアー参加者の似顔絵を櫛野展正直筆でプレゼント

櫛野展正と行く!アウトサイドの現場訪問15 <青森編>

東京ドームシティで開催の『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』。

その関連企画として、櫛野展正と行く!アウトサイドの現場訪問ツアーを開催。

今回は1泊2日で、青森を巡ります。

黒滝武蔵さんの床屋や一戸清一さんの別荘などの6つのディープスポットを巡るバスツアーです。


櫛野展正と行く!アウトサイドの現場訪問15 《青森編》

2019年5月18日(土)〜5月19日(日)

参加費 34,900円


《スケジュール》

▼5月18日(土)

【11:15集合】(11:30出発) 新青森駅

 

――<バス移動>――

【11:45~12:45】                青森県立美術館

青木淳による建築や美術館のシンボルになっている奈良美智さんの「あおもり犬」など、見どころ満載の公立美術館。

担当学芸員による解説を予定しています。

「青森県立美術館 あおもり犬」の画像検索結果 

――<バス移動>――

【13:00~14:00】                青森のっけ丼 (昼食)

青森ならではの新鮮な魚介類・惣菜・地元の特産や名物から、

好きな具材、好きな量を温かなごはんにのっけて食べましょう!!!

「青森のっけ丼」の画像検索結果

――<バス移動>――

【13:40~14:00】     黒滝武蔵さん 

提灯職人である黒滝武蔵さんが経営する理容室「バーバー千刈」。

そこは、黒滝さんの作品を展示するアトリエにもなっています。

独学で習得した石膏人形などは、いまにも動き出しそうなものばかり。

 40382803430_1ee90ce459_k.jpg

42143751712_c190643789_k.jpg

黒滝武蔵さんの記事は、こちら

 

――<バス移動>――

【17:45頃着】       とびない旅館 (チェックイン)

飛内源一郎さんが、たったひとりで切り盛りする「とびない旅館」。

コラムニストの能町みね子さんなど著名人のファンも多い この宿は、

飛内さんの人間的な魅力がたっぷり詰まった特異な旅館となっています。

「人生が変わる宿」と言っても過言ではありません!!!

 31518342977_181760dfae_k.jpg

【18:30~20:30】       飛内源一郎さんと料理&夕食

夕食はとびない旅館です。
ツアー参加者の皆様には、飛内さんと一緒にお料理をして頂きます。
「不便さ」をお楽しみ下さい。

45734799534_c6a4ad969e_k.jpg

とびない旅館向かいにある「下北妖怪ハウス」の見学もできます!

32585570998_bbf0092ead_k.jpg

飛内さんによる手づくりの「地獄」のジオラマなど、見どころ満載です!

44641146350_363fa0d83f_k.jpg

飛内源一郎さんの記事は、こちら

 

☆お部屋のご利用人数により、宿泊施設が変わります。 
    相部屋(2~4名1室)......とびない旅館  
    1名1室......ホテルユニサイトむつ ※とびない旅館まで徒歩8分

 

▼5月19日(日)

【09:00】                               出発

 

――<バス移動>――

【09:30~10:45】                恐山

日本三大霊場のひとつ、恐山。

岩場からは鼻をつくような硫黄泉が噴出し、まさに<地獄>のような光景が広がっていますが、

奥に進めば「極楽浜」と呼ばれる美しいカルデラ湖の神秘的な景色にこころが清められます。

fullsizeoutput_2782.jpeg 

fullsizeoutput_26d4.jpeg

 

 ――<バス移動>――

【11:00~12:00】                一戸清一さん

元・理容師である一戸清一さんの別荘には、広大な敷地内に

バッタやカブトムシなどの巨大な生き物のオブジェが点在しています。

これまで公開されてこなった驚異の作品群を御覧ください。

 R0005266.JPG

fullsizeoutput_26e3.jpeg

一戸清一さんの記事は、こちら

 

――<バス移動>――

【12:30~13:20】                下北名産センター (昼食)

下北ほたて.jpg

――<バス移動>――

【15:30~16:30】     鈴木敏美さん 

「機動戦士ガンダム」を知らない鈴木敏美さんがつくったモビルスーツ群は

いまやガンダムファンの聖地になっています。

年々増え続けるモビルスーツを是非この目で目撃して下さい。

27967035723_fa1c40caef_k.jpg 

46874049082_35e3be074d_k.jpg

鈴木敏美さんの記事は、こちら

 

――<バス移動>――

【17:15解散】       八戸駅


 

青森県むつ市田名部町8−6

  • とびない げんいちろう

    飛内 源一郎

    1961年生まれ、青森県在住。

    28歳より、母親が経営していた「とびない旅館」の手伝いを始める。

    母亡き後は、たったひとりで旅館を切り盛りしているが、

    自らの趣味を活用した宴会場や内装、過剰なまでのマシンガントークが

    多くのファンのこころを捉えている。

  • いちのへ せいいち

    一戸 清一

    1939年生まれ、青森県在住。

    中学卒業後、理容師の道を志し、

    19歳のとき、むつ市内に「一戸理容所」を独立開業する。

    40歳のときに購入した広大な土地を活用して、50歳より理容師の仕事と並行してドライブインの経営を開始。

    60歳でドライブインを閉業したあとは、廃材を利用して50点以上の生き物や動物のオブジェをつくり続けている。

     

  • くろたき たけぞう

    黒滝 武蔵

    青森県在住。

    18歳から提灯制作を始め「黒滝武蔵」と名乗る。

    25歳で理容院「バーバー千刈」を開業。

    店内は趣味で集めていた骨董品の他、40歳から独学で制作している石膏や縮緬を使った人形を展示している。

    展示品の中には、現代美術家・奈良美智の贋作を手に入れてしまったことで「だったら自分にもできる」と奮起し制作した贋作も多い。

  • すずき としみ

    鈴木 敏美

    1944年生まれ、青森県おいらせ町在住。

    「スズキ理容」2代目店主。

    理髪店に来たお客さんの提案を元に、2006年ごろより理容院の敷地内で「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ立像の制作を開始。ガンダムを見たことはないが、組み立てたプラモデルを分解し実寸との倍率を計算しながら、現在までに10体ほどを制作。いまではガンダムファンの聖地となり、たくさんの見物客が訪れている。